(元)なまぽ太郎

生きるのって難しい、、、でも〇ぬのはヤダ

新宿のブラック企業と新橋のオムライス

エラーで内容が消えているようで、今もう一度

書き直していますが、まぁこの日はインディードでみつけた企業を

受けまくっていたのですが、いやぁ~世の中、学校を卒業したら

仕事をしていないとよっぽどアニメ・漫画・ゲームや映画とか音楽鑑賞とか

好きじゃないと毎日、家で朝起きて遊んで、食べて、寝てを繰り返しても

流石に飽きます。

 

かといって仕事ですが、毎日、会社に行って、与えられた業務をするのも

飽きます。

 

なまぽ(生活保護)をやって分かりましたが、ただ毎日を家で生きるのも

僕には無理で、かといって仕事に行って髪を切り、スーツか作業着を着て

職場の人間か顧客とだけの人間関係もキツイって思いました。

 

それを感じた時、絶望しました。

 

俺って何をして生きたらいいんだろう?

生きる資格がない、、、、、、こんな飽きっぽい人間には生きる資格なんて

ないんじゃ? そう思った瞬間、ガツンと絶望感に包まれました。

 

やっぱり僕は繋がり、つまり他者と関わっていたんだなぁ

って深く感じました。

 

そして特に思った正直な感想はやはり”異性”です。

 

はい、ただ生きていたい 家にいて遊んで日々を過ごしたい

これが僕の幸せじゃなかったのです。

 

かといってどっか適当な会社に就職して仕事と家の往復も嫌で

結局、ある程度、仕事をして週に二日くらいの休みに遊ぶ

これがちょうどいいと思いました。

 

そして今の大きな目標は世界中をみてまわりたい、そして

いろんな国の食べ物を食べたり、いろんな国の人と話したり

様々な物事を知りたい、そしてバツイチな私ですが、いつかまた

異性と交際して結婚して子供が欲しいと思いました。

 

やはり色々、障害や山奥住んだり、海沿いに住んだり、アル中でも

結局、私は人間で生きていて、欲望を満たしたい

知的好奇心、これが私