(元)なまぽ太郎

生きるのって難しい、、、でも〇ぬのはヤダ

人生や人間

 

人生って何だろ?

 

よく考える

 

親がたまたま セックスして

 

そこで俺が生まれたのは分かるんだけど、、、

 

昔は人間ってサルから進化したって教えられてきたけど

それは間違いだってさ

 

じゃあさ

 

サルじゃなかったら何から誕生したの?

 

って思いません?

 

ビックバンの前に粒子とかがあって 

 

集まりビックバン

 

ばーーーーーーーーーーーーーーーーん

 

地球誕生 

 

色々、時代が流れて

 

日本に生まれて

 

そんで生まれて 

 

学校へ行ってさ

 

学校はやがて就職して

働く為だったわけじゃない

 

んで働いて 

 

どんどん歳をとっていって、、、

 

結婚して

 

子供が出来、、、

 

家や車ゲット

 

だれかがユーチューブとかで

「人間は熱の移動の為にある」って言ってたけど

 

結局どんな人も死んで

しばらしばらくしたら

忘れられるって言ってたけど 

確かにそうだなって思った。

 

実家や田舎とかは和室とかに仏壇があって

壁際には昔の祖父の祖父や祖母の祖母の写真があって

祖母とかに色々、話を聞かされたりしたもんだ

 

亡くなった人は個体として肉体が死亡しても

記憶として死亡しなければ個体としての死じゃない

という話もあるけど

 

天国や地獄も今やオイラは信じていない

 

さて 何かも分からない僕らは何かも分からない事の為に生きて

いくのだ

 

そこで最近、自分的に考えたのが

我々は地球という生物の微生物なのでは?

と最近考えている。

 

だから 良い人も悪人も 結局動物世界とかと一緒で

善悪関係なく 運よく罰せられずにのうのうと生き延びている

犯罪者がいたり

 

人の為に尽くして尽くして頑張った人が報われず死んだりもする。

 

みんなそうだと思うが、我々人間はどこかで評価されて報われたいのだ

正しいと思う事をして 近道やズルはせず しっかりとした道を真面目に

歩めばいい事があると信じたいものだ

 

しかし、結局、世の中 可愛い女性と付き合える男は

金があって チャラい男だ

 

自分からガンガン行って この世の権利を得るのは

正しい男とか真面目とかとは無縁だ

 

結局、原始時代と変わっていないのだ

学校 社会 結婚 出産 この世に何かを残せる男はまじめな男ではない

地球というこの世界で 人間が作った常識がすべてではないのだ

 

だから 僕は 地球という原始的な大地で この世界を楽しむには

そうだと信じている。

 

そう ある者しか信じられないのだ

 

実際に 結婚したり 子供を授かれたのは 行動力だけだった

ずっと真面目に地道に生きていても何も残せないのだ

 

仮に 真面目に何十年もコンビニに勤めたとしよう

そこには女性がおばちゃんしかいない

そうすると 結局、どんなにまじめに働き続けたとしても

結局、コンビニで何十年も務めた って結果しか残らないのだ

 

つまり 俺たちは動物なのだ 喋る服着た動物だ

 

ある日、テレビでウサギを襲っているライオンをみたことがあった。

 

なんでカメラを撮っていて ウサギを助けないのだろうと

カメラマンに子供時代に怒っていたのを覚えている。

 

しかし、それはエゴなのだ

なぜなら ライオンも生きるためにウサギを攻撃しているのだ

それでウサギを助けても ライオンがウサギの肉を得られず

ライオンは餓死する。

 

そう、ウサギが弱いから可愛いから 好きだからと言って

偽善で助けたとしても それは自然界にとっては良くない事なのだ

 

例えば 夏には蚊がいるが あいつらは血を吸うし、皮膚をかゆくするし

すごくウザイ だからと言って 全滅させるとどうだろうか?

 

自然界のバランスは崩れてしまうのだ

 

だから 蚊やライオンも 半グレもやくざも同じなのだ

羽の生えたエンジェルもコウモリの羽の生えた悪魔もいないのだ

昔の人が考えた 今で言う創作、アニメやラノベみたいなもんなのだ

 

現実にある者だけが全てなのだ

 

ゆえにおいらは思う おいら達は動物なのだと