ぞビ太郎

億万長者になる障害者

白人女性と結婚じだいぃ〜

f:id:Mi3ro6ku9:20220425093913j:image

白人女性の奥さんが欲しい、、、、、、、、、、

 

これはマジで真剣に切実である。


f:id:Mi3ro6ku9:20220425093907j:image

金髪 青い目 白い肌


f:id:Mi3ro6ku9:20220425093910j:image

 

こんな奥さんがいて 子供もかわいく どっかヨーロッパの湖畔近くの木の家で

ランチして 白人のハーフの子供に絵本を読み聞かせる

 

今は東京 季節は夏 部屋は快適にエアコンで涼しいが 外はむわっとした

熱気で車や人が行きかっている それぞれ生活をしていて みんな他人だ

半年くらい前まで 愛媛の山奥でナマポ(生活保護)だったが

山は涼しく気温も多少低いので涼しい しかし夏は夏なのでやはり熱い

 

朝起きて ゲームしたりアニメ観たり 漫画読んだりして 腹が減ったら飯を作って食べる

 

それで なんやかんやで1日が終わる

 

なまぽだと1日がとても速い 時間はみんな平等だが 体感は人によって違う

 

現在は働いているので ナマポの時より 1日が長い

 

仕事が楽しければ 充実した人生なのだが 別にやりたい仕事でもないし

毎日 決まったことを繰り返すだけの日々である。

 

会社へ行っても みんな他人行儀 つまり社会とは演技の場なのである。

 

朝起きて 着替えたら 社会という森の中で 擬態して 普通という自分の仮面を

つけて 周りに溶け込んで いかに透明になれるかが重要なのだ

 

会社 から家 自転車で駅まで行き 駅から電車 そして駅から仕事場へ

東京は人が多く 人との距離は近いが 人と人の間の壁は高く分厚い

 

生まれて学校へ行き 10代という夏休みを過ごして 会社へ入ったら

半分休みの半分 業務の毎日 20代という最後のゴールデンタイムを過ぎたら

どんどん選択肢が無くなり やがて楽しみも減っていく

勿論、ゲームや漫画、釣りでも旅行でも 障害楽しむことは出来るのだが

ある程度 歳をとっていくと 世間体と言う物があり、どんどん

個性を削る

 

街中を歩いていて 派手な格好をしたおじさんをたまに見かけるが

世間の目はとても冷ややかだ 筆者であるこのブログの私も

いい年をしたおじさんでアラフィフではあるが、やはり家族や社会からの

目はとてもキツイ、、、

 

昭和から生まれて育った私からすると どんどんファッションから音楽から

シンプルテイストに移行している傾向にある。

 

世の中の常識ってとどのつまりは多数決なのである。

 

社会で成功して 評価されたものにはお金という付加価値の付いた紙が多く与えられる

 

街中であるいている 社会的地位のないおじさんが 派手派手なB系ファッションや

V系のような服装をして歩いていようものなら 冷ややかな目で見られて終わりである。

 

発言しても誰も右から左、愛想をつかされて 一人孤独に死んでいくのである。

 

だがどうだろう 私は今、港区エリアで仕事をしているのだが

カッコイイ 真っ赤なフェラリーやランボルギーニに乗り、隣には若い女

服は派手派手なルイヴィトンやグッチを着て サングラス

しかし年齢は40以上 それでも周りの目は冷ややかさはない 全くないと言ったら

嘘になるが ほぼないと言っても 過言ではない

 

何故こうまで 前者と後者のおじさんには差があるのか?

それは成功しているか 成功していないかである。

 

結局、昔からドラマやアニメ、映画で夢のある内容のストーリーをみてきて

それを素直に信じてきた私ではあるが、人間は結局単純で

こんな事を言ったら 問題視されるであろうが、新しさや個性派受け入れられにくい

 

貧乏人が クロックスを履いて 銀座を歩いても 視線は冷たい

しかし 成功者が 全身ハイブランドでクロックスを履いていたらどうだろう?

 

高級店のドアの前のシュッとしたスーツの男たちはそんなクロックスを履いた男でも会釈をし、隣にはだいたいボンキュッボンな姉ちゃんがいるのだ

 

そう世の中 金なのだ 前回の記事でお金について少し触れたが

私たち人類は原始時代から何も変わっていない 強い力のあるものは影響力をもち

そして それにより周りの人間をいとも簡単に操作するのだ

 

技術の発展により パソコン インターネット そしてSNSやこのブログにしても

そうであるが、貧乏人のかわいそうな日常にこそ好機の目を向けるが

社会的発言権は無いに等しい

 

さいきん ごぼうの党とかいう 変な選挙カーをみたが

はじめは 日本も終わったなぁ と思ったが調べたらなかなかの成功者の

いる団体らしい

 

最近ではyoutubeでガーシーとかいう 元々詐欺をしていた人が

多くの暴露話で人気になり、それにより多くの収入を得ているのだが

彼は元々、人をだまそうとしたのである

 

悪いことをして指摘されて 立場が悪くなったから 他の人の悪いことを暴露して

それに興味のある人々が集まり 良くも悪くも世間から注目をされ

人気者になっている

 

テクノロジーの進化により 悪者や普通の一般人でも人気者になれる

時代になったのは非常に喜ばしい事だが

結局、勝組はなにやっても許され 政治関係に絡んでルールーを書き換え

そしてお金でお金を増やす。

 

そして評価され金を多く保有するものには綺麗な女がついてくる。

 

さてかなり話はそれたが 白人女性と結婚したい

そんな 社会的弱者であるが 変わり者である私 個性以外は何もないに等しい

私、実は人生の目的 そう このままどこかで働いて寿命をすり減らし

運が良ければ 寿命を全う

 

そんな人生は嫌なのである。

 

それを幸せといういう人もいるが、私の場合は違う

 

働くのが嫌だ、、、、、、、そんな風に私は現在、思っているが

それは少し違うのだ ナマポの時 毎日、ハッピーだったかというとそうではない

 

私は自分の楽しいと思えることを探しているのだ

 

「人生は暇つぶし」どっかの誰かが言った、、、そういえばユーチューブや

テレビなどでも人気者のひろゆきさんが「人間の人生に意味なんてなくて、

どんな人でも死んだら忘れられる」とそんな風に言っていたが

確かに事実であろう、その意見は私にとってもかなりシックリきている。

 

宗教的な考えでは死後の世界があるような感じであるが、私は神様や幽霊は

信じていない、何故なら見たりしたことがないからである。

 

空の上には 雲の上の王国みたいなところに翼の生えた天使と呼ばれるような

人種などいなく、地面の舌にも 悪魔とか言われる 人間の亜種みたいな

生物はいないのである。

 

私の母も最近亡くなったのだが、 宗教というのは残された人間が気持ちを整理するための物語だと私は思う、 きっと人間は死んだら 何もないのだと考える

 

もちろん、家、服、金、食べ物とか体 それらは持っていけないし

みんな絶対死ぬのだ 死は確実で 誰にでも訪れる。

 

だったら 何かできるのは今しかない ゲームみたいにコンテニューがきかないのなら

やりたい事をやろうではないか 私は自分にいつもそれを言い聞かせる

 

心のどこかでは 社会という大きな 生き物の1部になり 思考を停止する事を

望んでいるが、多分私にはそれは無理なのである。

 

人間は地球という生物の1部で 多分微生物みたいなものなのであろう

 

さて、私は父と母がSEXをしてそこから生まれて、周りの環境と遺伝子により

今現在の人格が私なのであるが、私の入れ物である この体も今や30代後半

 

遺伝子的に見て うちの祖父などをみている限りでは80代くらいまでは生きられそうであるが、歳をとっていけばいくほど 体力だけは落ちていくことであろう

 

まぁそのために 最近はジムへも行っているのだが それはさておき

もうすぐ40 つまりあと40年くらい まぁまあ長い

先ほど体感の話をしたが 多分 生き方によって 時間の体感は変わると思う

 

私の人生は多分 私の周りの人間から比較すると 多分 少し長い

多分 時間の性質を増やすのは 情報の量に有るのだと私は思う

つまり 環境の変化が多ければ多いほど 同じ1日でも 時間の性質は違うのだと私は思う

 

1度の人生 たのしみたい まもなく40 あと40年くらい

未来を想像するのは難しい 予想も出来ない 今あるものだけを頭で整理して

私の求めるものを 毎日私は考える

 

 

 

2022年 6月 25日

 

 

あっタイトルの付箋だけ 回収しなくては 終われない

 

つまり 何がしたいか それだ 私は 自分が生きている世界の色んなものを見たり聞いたり触れたりしたい、そして生きているうちに色々な物をこの世に残して死にたいのだ

 

死にたい これはとても 悪いNGワードになっているが 大切な言葉だ

 

死にたい 死にたいと思わなくても 僕らはいずれ死ぬのである。

 

それが早いか遅いかだけなのである。

 

限られた時間の中で 私はなるべく楽しく過ごしたい だから私は

白人女性の妻と その女性との間で出来た子供たちと 人生を過ごしたい

そして我儘ではあるかもしれないが 色々な物を体験して所有したい

だからそのチケットとして お金が必要なのだ

 

だから やりたい事をして 価値を生み出し その価値をお金に換え

また価値あるものと交換して その循環を 良い感じに繰り返して

人生を全うしたい

 

そうなのだ