なまぽ太郎

生きるのって難しい、、、でも死ぬのはヤダ

トンこ2(つー)

とんこつラーメン

f:id:Mi3ro6ku9:20220425093753j:image
f:id:Mi3ro6ku9:20220425093756j:image

サラリーマンの町 新橋 その新橋の町の新橋駅から徒歩5分くらいの所にある

とんこつラーメン屋 

博多天神 新橋1号店

 

替え玉1玉無料 普通のラーメンは550円

新橋駅界隈ではリーズナブルに博多ラーメンを食べられるお店です。

 

美味い!!!!!!って感じでもないけど 不味くも無く

 

癖になるって感じでもない 筆者は昔から とんこつは大好きで

よくインスタント カップ麺などでもとんこつ味をチョイスする

それはトンコツという 響きや 肉とまではいかぬまでも

醤油や味噌、塩などに比べると 頭一つ出て 豪華な印象にあるからである

 

それにニンニクも加えられるわけでスタミナを欲する 男子たるもの

食わずにはいられない

 

しかし、しかしである。

 

麺が細すぎるのだ いや分かる あの麺の細さが 湯で時間を短くし

早く提供できる 九州男児の工業地帯で 待てない客の為

湯で時間を短く そしてトンコツのスープを上手くからめとるよう

デザイン 改良された形なのだ

 

だが、私は昔から 嫌いとまではいかないが あの形状に違和感を

覚えていたのは確かである。

 

まるでそうめんなのだ、、、

 

だがしかし だがしかしである。

 

トンコツとはあの麺の細さがベストなのである。

 

重厚なトンコツのスープに対し、主張を抑えられた麺が

あのとんこつラーメンを 絶妙な美味さに仕立てているのである。

 

今日までトンコツの長い歴史の中で多くの人々に支持されてきた

のはあの麺の形状を含めて多くの職人の知恵と改良の結晶と言っても過言ではないのである。

 

しかし私は思う 東京ではスープの主張を抑えられているのだ

つまり抑えられたスープにパッとしない麺により、よりスマートなラーメンに

なってしまい

 

やはり私には物足りないのである。

 

二郎系ラーメンや家系ラーメンのようなボリューミーなラーメンとどうしても

比較をしてしまい、食べた時の満足感はあるものの

どうしても今一つ、足りない感は否めない

 

なのであの値段なのであろう そして待ち時間も短いのだ

つまり とんこつラーメンとは九州男児にとってのお蕎麦なのだ

そう、東京の忙しいビジネスマンの少ない休憩時間に短く栄養とスタミナを

得られて 胃袋は満たされ 財布にやさしい それが人気を生み出しているのだと

私は思う

 

もし、現在の価格高騰のあおりを受けて 値上がりしようものなら

多少の影響は受けると私は思う

 

そう 思った今日なのであった おしまい